Home 強運の法則強運が脳で作られる仕組み

強運が脳で作られる仕組み

 



 

 

強運が脳で作られる仕組み

まず、脳の機能を理解することから、

重要: 問題は中身だ。高い能力を発揮する人と発揮できない人は、頭の中にある『思い』が違うだけなのだ。じつは、人間の脳は本気で【出来る】と思ったことに対しては、それを実現すべく全力で動き出すようにできているのだ。

 

あなたの行動の99%は潜在意識に支配されている。

「結晶型」の無意識領域、つまり潜在意識の働きは人間の脳の95%~99%を占めていおり、思考や意思のような「流動型」の意識の働きはたったの1~5%と言われているのだ。

だから試験勉強をしているときに、よく「もうこれ以上は記憶できない」とか、「頭がパニックしそうだ」などと思うことがあるが、そんな時でも、じつは脳の1%しか使っていないのだ。

ちなみにこの「結晶型」の働きは、年齢とはあまり関係がない。「流動型」が20歳を過ぎると確実に衰えるに対して、結晶型の働きは70歳になっても発達するといわれている。

 

 

 

快楽神経脳を活性化すると潜在能力は全開になるードーパミンについて説明すると、このホルモンは人間がウキウキワクワクと(楽しさ)や(おもしろさ)を感じているの時に分泌される特殊ホルモンである。

 

つまり美味しいものを食べたり趣味に没頭しているとき、あるいは映画や本に感動しているときなどは、脳内のドーパミンがどんどん分泌されて気分が高揚するのだが、これの重要な点は、このドーパミンが【A10神経】という神経から分泌されるために、このウキウキワクワクが様々な能力を発揮させるというところにある。

というのも、【A10神経】は【脳幹】から【視床下部】を通って、【大脳新皮質】の【前頭連合野】まで張り巡らされている。そして、【A10神経】から分泌される脳の各所でのドーパミンの効果は、以下のとおりです。

 

339d8f14

図1

脳幹の中央部に沿って、縦に4列に神経核が並んでいる。左右対称となっているその配列の両側2列をA系列、内側の2列をB系列という。 快感を感じさせ、やる気を起こし、創造性をもとたらす、人間の精神にとっても重要な神経なのである。

優秀な人間と、そうでない人の違いは、頭のデキではない。ただ、ウキウキワクワクしながら仕事をしているかどうか、それだけの違いである。

 

うまり、どんな困難も苦と感じず、成功を確認しながらウキウキワクワクし続けられる脳を作ればいい。

 

  • モチベーションをたかめる5つの動機付け
  1. 達成感
  2. 承認要求
  3. 仕事に対する誇り
  4. 責任感・使命感
  5. 昇進や自己の成長

これらは満たされると人間に大きな満足をもたらす要因であり、

これらの喜びを手に入れるためには脳は全力で能力を

発揮しようとするので、心理学ではこれを

(モチベーションの動機付け要因)と呼んでいる。

 

たとえば、人に『すごい』『あなたは出来る人だ』としょうにんされることは

非常に気持ちがいい。だから、一度でも承認の喜びを味わった脳は

『もっと誉めてもらいたい』『もっと大きな喜びを得よう』と

ウキウキワクワク状態で活動し始める。

 

飲むたび強い男実感「バリテイン」



Copyright© 財布の布団、お金に愛される、金運、成功運、出会い、人脈、 All Rights Reserved.