Home 脳育頭の回転が遅い人

頭の回転が遅い人

頭の回転が遅い人

 

いつも自分の判断力や理解力について悩んでいる方は、きっとなぜ自分は頭の回転が遅いんだろうと感じるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

回転が速い人については頭の回転が速い人を見ていただるとわかるでしょうが、引き出しが多いからなのですが、遅い人はまさにこの逆です。引き出しが少ないのです。

 

 

 

 

 

知識や経験が乏しい事が原因の一つなのですが、ボキャブラリーがなかったり、色々な事に関心が薄かったりと、思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

やはり、回転が早い人は色々な事に関心を持ち、日々考えることを惜しまないのです。遅い人は考えることを面倒くさがって、やめてしまっていませんか?

 

 

 

 

 

このように、回転が遅い人には明確な理由があるので、治そうと思えば知識や経験が広がっていくように日々生活をしていけば良いのです。

 

 

 

頭の回転,遅い

 

 

 

また、頭の回転が遅い人の特徴として、睡眠と食事が十分でないケースがよく見受けられます。

 

 

 

集中力を高める方法でも紹介してますが、睡眠不足は脳にとっては天敵です!!特に、慢性的に睡眠不足なっている人はそれだけで、頭の回転が遅くなっていますので要注意を!!

 

 

 

 

 

普段の生活習慣が健康的でないだけで、本来持っている脳力が発揮できないのはもったいない話です。脳力の底上げは簡単にできるものではありませんが、元々あるものを発揮するのはさほど難しいことではないはずです。

 

 

 

 

 

まずは、本来の自分の脳力を十分発揮できる環境を整えましょう。

 

 

ネガティブな思考とポジティブな思考

 

ネガティブな思考は、脳にとってよくありません。仕事に追われていたり、物事がうまく進まなかった時など、「忙しい」「疲れた」などの言葉はよく使いがちです。

 

 

 

周りで、この人はよく愚痴を言っているなという人で、「できる人=回転が速い人」はいないのではないでしょうか。

 

 

 

「忙しい」「疲れた」などのネガティブは発言は、事実はどうであれ脳にとって、その言葉は情報として耳に入り処理されてしまいます。

 

 

 

そうすると、脳内物質の一つで脳を元気にする作用があるセロトニンなどの物質が減ってしまうのです。

 

 

 

こうなると、脳はどんどんとスレストを感じるようになり、神経細胞までもが減ってしまうようになります。神経細胞まで減ってしますと、脳が効率的に働かなくなり、効率的に勉強や、仕事がこなせなくなってしまいます。

 

 

 

つまり、「忙しい」「疲れた」などのネガティブは発言が脳に自己暗示をかけてしまい、結果的に勉強や、仕事が進まず常に余裕のない状態に陥ってしまうのです。

 

 

 

脳は余裕がないと効率的に働くことはできません。もし心当たりがある場合は意識してネガティブな発言は控えるようにしましょう。

 

 

 

また逆も然りです。

 

 

 

仕事が出来る人は、ネガティブな発言はほとんどしません。むしろ忙しいはずなにの

余裕があるように見え、ポジティブな発言が多いのです。

 

 

 

ポジティブな思考はネガティブな思考の正反対の作用があります。

 

 

 

つまり、ポジティブな発言が脳に音の情報として伝わり、脳が活性化されていくということです。されに神経細胞が増え、仕事が効率的に進められるのです。

 

 

 

今の状況はどうでしょうか?良いですか?悪いですか?

 

 

 

どちらでも構いません。

 

 

 

今の状況をより良くさせるためにポジティブな発言で、脳を活性化させる習慣を身につけましょう。

 

 

 

 

 

 



Copyright© 財布の布団、お金に愛される、金運、成功運、出会い、人脈、 All Rights Reserved.