Home 脳育頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法

 

頭の回転の速さがどうして違ってくるのかについては、頭の回転が早い人、遅い人で触れているますので良いと思いすが、実に単純明快なことです。

 

 

 

知識や経験よって積みかねによる引き出しの差なのですが、それでは随分と時間が必要になってきます。

 

まずは、なるべく短期間で、頭の回転を速くする方法を考えていきます。

 

 

 

短期間とは、まさにその日その時で、回転をよくする=自分のポテンシャルを最大限引き出すことです。頭の基礎回転数が対K状態をキープすることが重要です。

 

知らず知らずの内に自分の力が出せていなかったら、残念ですよね。 その日その時で頭を冴えている状態にすることは、実は特別なことはありません。 良い生活習慣と、ちょっとしたテクニックだけですので、毎日生活に取り入れてください。

 

時間の制約を作る

脳の基礎回転数を高めるためには、何らかの時間の制約を作ることが重要です。

 

時間があるからといって仕事や勉強をだらだらと続けてしまい、結局あまり進んでいなかった・・・とう事はよくあるのではないでしょうか??

 

「○分、○時間の間に終わらせる」という、時間的な制約を明確に作ることで、脳の基礎回転数が上がり、初めて集中力を高めることができます。

 

制限時間のある学校の試験や、直前に迫った締切当状況で、作業が効率よく進んでいるように感じるのは、実はこのような理由があったのです。

 

時間に制約を持たせることは、「多数の事柄の中から大事な事を選んで作業をしなければならない」という状況を作ることになるので、判断力を磨くことにもつながっています。

 

 

また、この脳の基礎回転数が上がった状態というのはある程度継続していきます。作業位が終わったからと言って、すぐに休憩するのではなくて、また別の作業や勉強に取り組むとそちらの方も効率よく進めることができるのです。

 

 

 

この基礎回転数が上がった状態はもちろんずっと続くわけではありません。作業効率が落ちてきたなと感じたらそれは脳が疲れてきているサインです。

 

 

 

このような場合は、休憩を取りましょう。脳をリラックスさせて、再び時間的な制約を設けて作業や勉強を続けましょう。この繰り返して脳の基礎回転数が高い状態をキープできるのです。

一日6時間~8時間は寝る

 

 

睡眠の重要性についは、他のページでも紹介していますが頭の回転の速さを考える上では一番重要かもし知れません。

 

 

 

24時間寝ない状態でいたり、又は5時間のみの睡眠が続くとは、血中アルコール度0.1%に相当すると言われており、酔った状態と同じくらい判断力や理解力が低下するというのです。

 

仮眠をとる

また寝るのか!?って感じですが、昼間の仮眠の良い効果は以外にもほとんどの人が認識しているのです。

 

 



Copyright© 財布の布団、お金に愛される、金運、成功運、出会い、人脈、 All Rights Reserved.