HomeBlog, 脳育 > 飲酒は脳にプラスなのかマイナスなのか

飲酒は脳にプラスなのかマイナスなのか

飲酒は脳にプラスなのかマイナスなのか

 

 

お酒は体や脳に良いのか悪いのか、気になるところだ。「酒は百薬の長」いうことを言い訳にして、大量に酒を飲む人もいる。

 

お酒の難しいところは、人によってアルコールの影響が違うということだ。いわゆる酒に弱い人はアルコールを分解する酵素を持っていない。アルコールを分解する酵素はALDH(アルデヒド脱水素酵素)といい、2種類がある。

 

ひとつはアルコールが分解してできるアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度のときに働く「ALDH1」だ。日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けているので、お酒に弱い人が半数いるということだ。

 

外国人ではほとんが分解酵素を持っているので、飲めないという人がいない。よく間違えられるのは、酒が飲めなかったが、鍛えたら飲めるようになったという場合だ。

 

分解酵素ある程度あって、無理をすればなんとか飲めるという人が40%くらいいるので、こういう人が鍛えたら飲めるようになったと言われてしまうのだ。

 

まったく分解酵素を持たない人にとって酒は毒であり、無理して飲むことは非常に危険な行為である。

 

だから酒と健康を考える場合、酒が飲める人がどの程度の飲めば体に良いのかということである。また、酒はいろいろな条件で、アルコールの分解能力が変わってきてしまう。

 

一般的に女性はお酒に弱い。更に体重の少ない人も早く酒が回ってしまう。よく言われていることだが、高齢になってくると分解酵素が減ってきて、酔いやすくなる。

 

では酒の適量とはどれくらいだろうか。酒と健康を考える場合、酒の種類ではなく、アルコールの量を問題にする。「焼酎だからいい」というのはただの言い訳にすぎない。

 

適量とはビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎0.6合、ウイスキーダブル1杯、ワイングラス2杯、缶酎ハイ1.5杯のいずれかくらいである。

 

いかに適量が少ない量であるか分かる。それでは、飲酒と病気の関係はどうであろうか。 飲酒により、がん全体のリスクが上がる。

 

特に肝がん、大腸がん、食道がんのリスクは高くなる。ただし、適量を守れば心筋梗塞などの発病は減ってくる。男性では、エタノール換算で病気の死亡率が上がる量は、1日あたりがん死亡では46g、心疾患死亡では69g、脳血管疾患では46gである。

 

死亡リスクが高くならない飲酒量は、男性で1日当たり46g、女性では23gまでである。日本酒1合がエタノール20グラムであるから、多くとも日本酒なら2合以下、ビール中瓶2本程度に抑えておく必要がある。

 

さらにアルコールは脳へ影響する。大量に飲酒する人は脳萎縮が起こりやすくなる。一般的に飲酒量が増えると脳萎縮の程度も進むことが分かっている。

 

また、飲酒が増えると記憶力の低下が起こることも証明されている。ある調査では、介護施設に入所している認知症の29%は大量飲酒が原因となっている。

 

過去に5年間以上の大量飲酒の経験がある高齢男性は、認知症の危険性が4.6倍、うつ病の危険性が3.7倍になると報告されている。一方では適量のお酒で認知症発症が抑制されたとする研究もある。

 

結論からすれば、お酒を飲める人が適量を飲むことで、がん、脳卒中、認知症のリスクを減らすことができる。最大の問題はお酒の種類は関係なく、飲める人が適量で満足できるかどうかである。

 

お酒を適量という少ない量で満足できる経営者は、仕事ができる健康と脳を持ち合わせているということだろう





Copyright© 財布の布団、お金に愛される、金運、成功運、出会い、人脈、 All Rights Reserved.